○あさぎり町災害見舞金支給条例

平成15年4月1日

条例第96号

(目的)

第1条 この条例は、町民が災害(火災及び風水害、地震等の自然災害をいう。以下同じ。)により被害を受けたとき、災害見舞金を支給することにより、町民の福祉の増進に資することを目的とする。

(支給対象者)

第2条 町長は、あさぎり町の在住者で被害を受けた家屋の所有者に災害見舞金を支給する。

(支給要件及び見舞金の額)

第3条 災害見舞金の支給要件及び見舞金の額は、次のとおりとする。

(1) 住居が全壊又は全焼した場合 30万円

(2) 住居が半壊又は半焼した場合 20万円

(3) 納屋が全壊又は全焼した場合 20万円

(4) 納屋が半壊又は半焼した場合 15万円

(5) その他附属家屋については、被害の程度により町長が別に定める。

2 前項の規定にかかわらず、規則で定める支給要件についても満たさなければならない。

(支給の制限)

第4条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、災害見舞金の全部又は一部を支給しないことができる。

(1) 災害による被害が一時的に多数生じたとき。

(2) 災害による被害がその被害を受けた者の故意又は重大な過失により生じたものであるとき。

(支給の申請)

第5条 災害見舞金の支給を受けようとする者は、規則で定めるところにより、その事由発生の日から遅滞なく町長に申請しなければならない。ただし、町長が特別の理由があると認めた場合は、この限りでない。

(支給の決定)

第6条 町長は、前条の申請があったときは、支給の可否を決定し、速やかに支給を行うものとする。

(返還)

第7条 町長は、偽りその他不正な行為により、この条例による災害見舞金の支給を受けた者があるときは、その者から既に支給した金額の全部又は一部を返還させることができる。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の上村災害見舞金支給条例(平成3年上村条例第7号)、免田町災害見舞金支給条例(昭和56年免田町条例第12号)、岡原村災害見舞金支給条例(平成4年岡原村条例第6号)、須恵村建物災害見舞金等支給に関する条例(平成3年須恵村条例第16号)又は深田村建物災害見舞金等支給に関する条例(昭和60年深田村条例第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

あさぎり町災害見舞金支給条例

平成15年4月1日 条例第96号

(平成15年4月1日施行)