○あさぎり町簡易排水事業受益者分担に関する条例

平成15年4月1日

条例第138号

(趣旨)

第1条 あさぎり町長は、この条例に定めるところにより、簡易排水事業(以下「事業」という。)に要する費用の一部に充てるため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第224条の規定に基づく受益者分担金(以下「分担金」という。)を徴収するものとする。

(定義)

第2条 この条例において「受益者」とは、事業により築造される簡易排水施設の排水区域(下水道法(昭和33年法律第79号)第2条第7号に規定する排水区域をいう。)内に存する建築物等の所有者をいう。ただし、質権又は使用貸借若しくは賃貸借による権利(一時使用のため設定された、使用貸借若しくは賃貸借による権利を除く。)の目的となっている建築物等については、それぞれ、質権者又は使用借主若しくは賃借人をいう。

(準用)

第3条 受益者の分担金の額その他の事項については、あさぎり町下水道事業受益者分担に関する条例(平成15年あさぎり町条例第169号)の規定を準用する。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の深田村簡易排水事業受益者分担に関する条例(平成10年深田村条例第12号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

あさぎり町簡易排水事業受益者分担に関する条例

平成15年4月1日 条例第138号

(平成15年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林業/第1節
沿革情報
平成15年4月1日 条例第138号