○あさぎり町町費負担教職員の採用等に関する条例

平成27年3月16日

条例第2号

(趣旨)

第1条 この条例は、「夢や希望を持ち 明るいあしたを拓く 人づくり」の推進を目指すあさぎり町立小学校において単式学級を実施し、教育の機会均等を図るために任用する教諭及び助教諭(以下「町費負担教職員」という。)の採用、給与及び勤務条件に関し、必要な事項を定めるものとする。

(採用)

第2条 町費負担教職員の任命権は、教育委員会に属する。

2 町費負担教職員の採用は、選考によるものとし、教育長が行う。

3 町費負担教職員の任期は、1年を超えない期間において、教育委員会規則で定める。

(選考に係る審査機関)

第3条 前条第2項に規定する選考について、選考対象者の審査を行うため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第138条の4第3項に基づく機関を教育委員会に置く。

2 前項の機関に関する事項は、教育委員会規則で定める。

(給料)

第4条 町費負担教職員に支給する給料は、第10条に規定する勤務時間(以下「正規の勤務時間」という。)の勤務に対する報酬とする。

2 町費負担教職員に支給する給料の額は、市町村立学校職員給与負担法第1条の規定の適用を受けるあさぎり町立小学校の教諭及び助教諭(以下「県費負担教職員」という。)の例による。

(教職調整額)

第5条 町費負担教職員に、その職務と勤務態様の特殊性に基づき、教職調整額を支給する。

2 町費負担教職員に支給する教職調整額の額は、県費負担教職員の例による。

(扶養手当等)

第6条 町費負担教職員に、扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、期末手当、勤勉手当、特殊勤務手当及び義務教育等教員特別手当を支給する。

2 前項に規定する手当の支給基準及び額は、あさぎり町一般職の職員の給与に関する条例(平成15年あさぎり町条例第42号)の規定の適用を受ける職員(以下「あさぎり町一般職の職員」という。)の例による。ただし、特殊勤務手当及び義務教育等教員特別手当の支給基準及び額については、県費負担教職員の例による。

(給与の減額)

第7条 町費負担教職員が正規の勤務時間中に勤務しないときは、給与を減額する。

2 町費負担教職員の給与の減額措置に関する取扱いは、県費負担教職員の例による。

(旅費)

第8条 町費負担教職員が公務により出張した場合は、旅費を支給する。

2 町費負担教職員の旅費の額は、県費負担教職員の例による。

(支給方法)

第9条 町費負担教職員の給与及び旅費の支給方法は、あさぎり町一般職の職員の例による。

(勤務時間)

第10条 町費負担教職員の勤務時間は、県費負担教職員の例による。

(休日及び休暇)

第11条 町費負担教職員の休日及び休暇の取扱いは、あさぎり町一般職の職員の例による。ただし、年の中途で任期の末日が到来するものについては、任期の月数により按分する。

(正規の勤務時間を超える勤務)

第12条 町費負担教職員の正規の勤務時間を超える勤務の取扱いは、県費負担教職員の例による。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、県費負担教職員との均衡を考慮し、教育委員会が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 この条例に基づく教職員の採用その他の準備行為は、この条例の施行前においても、第2条の規定の例により行うことができる。

(有効期限)

3 この条例は、平成32年3月31日限り効力を失う。

あさぎり町町費負担教職員の採用等に関する条例

平成27年3月16日 条例第2号

(平成27年3月16日施行)